3Dプリンターで料理

参考サイト

上記リンクに記載されている内容として、外食産業を食い尽くす3Dプリンターの破壊力とあります。
ビジネスモデルの激変。
最近3DプリンターやAI、IoTなどの技術が発展するにつれ、世間では色々な意見が飛び交っています。
例えば実家のご飯の味が忘れられないとします。
きっとその人は実家の料理の味を懐かしく思うんです。
暖かく育ってきたんですね。
もしこれが機械が作った料理ならどうでしょうか?
この時代に生きている自分達ならきっと暖かさを感じません。
当然でしょう。それが当たり前で普通として生きてきたのですから。でもこれが100年後の人類にとっての暖かさとは限りません。
それを僕たちは思い知るべきなのです。
機械で料理を作る時代に生まれた人はそこで僕たちの知らない価値観や暖かさを自然と見つけていくでしょうし、その環境に合わせて生成されていくんだと思います。